お火焚き饅頭

c0079181_22493671.jpg
久しぶりの錦市場への買出し。
お茶菓子に・・・と先生が買われたお饅頭「火焚き饅頭」です。
「タコ??」と思ったのは私だけではないはず。^^;
タコではなく~~~逆さまっ。
「炎」、「火焔玉」が焼印されています。

しかし ヒダキマンジュウって~?



c0079181_2237680.jpg
11月になると京都(関西地方)では お火焚き と言う行事があり
“おくどさん”つまりカマドに感謝するおまつりがあるそうです。
茶道をされるところや、神社などでも行われる行事ですが、
商売柄火を扱う会社や商店から一般の家庭まで、
火の神に無事を感謝し安全を祈り、菓子(お火焚き饅頭や、おこし)、
果物を供えし、お隣やご近所に火難よけとしてお配りするとか。
お供えする「おこし」も”火を熾す”からきているそう。



なのでこの時期、京都の和菓子屋さんにはこのお饅頭が並ぶそうです。
初めて知ったぁーーー。
知らないことだらけです。
[PR]
by ninnanene | 2006-11-17 22:40 | ココロのゆとり


<< モイストポプリ ラ・プラージュ最高っ! >>